冷やすの?温めるの?1

『冷湿布と温湿布とどっちがいいですか?』
『湿布で冷やせば大丈夫ですか?』
『どのぐらい貼っておけばいいですか?』

色々な症状で患者さんが悩むこの疑問、さーて正解は…(越後製菓!)←うるさい

冗談はさておき、冷湿布にしろ温湿布にしろ炎症と痛みを鎮める効果はありますが
『身体を冷やす効果』はほぼないんです。
これ学校の保健じゃ教えてくれませんね。

貼った直後は湿布の水分で2~3度、表面体温は下がりますが本当に痛めた部分までは冷えません
また貼った箇所は時間と共に蒸れて体温と同じかソレ以上になります
重症の捻挫や骨折で湿布を貼り、かえって熱がこもってしまった患者さんをよく見ます
パンパンに腫れちゃってホント可哀想でした…

また冷湿布、温湿布の違いは『冷たいと感じる成分』が入っているか
『温かいと感じる成分』が入っているかの違いだけなのでどちらが良い
と一概には言えません、御自身のかぶれにくい方をお使いになってください。

また貼っておく時間、期間ですが物によってまちまちですが長くて半日だと思ってください
またなるべく連続した使用は避け半日~一日開けての使用をオススメします。

また病院さんで出されるモーラステープ、ボルタレンテープ、インドメタシンなどは喘息などお持ちの方は
症状が悪化する場合もあるため注意が必要です、妊婦さんも注意を要します。
成分によっては筋肉の弱化、消化器系への影響(胃潰瘍など)の副作用も考えられますので
慢性的、常用的な使用はなるべく控え、必要最低限の使用を心がけましょう。

またコレ、お医者様に説明されてない!という患者さんが意外と居ましたので念のため…
モーラステープの副作用に光接触皮膚炎というものがあります
モーラステープを貼ったところに日光が当たることで起きる皮膚炎ですからモーラステープを使用している際や
剥がした後も4週間程度は日光を当てない方が無難です。

【まとめ】

・湿布に冷やす効果はなし、冷やすなら氷か冷えピタで
・湿布に温める効果は若干あるが期待しない、温めるならホッカイロで
・効果が感じられなければ使わない、違和感があったら即、剥がす
・使い方など不明な点はお医者さんや接骨院の人にどんどん聞く

ということで分かりにくかった部分はお尋ねくださいませ~


This entry was posted in よくある質問. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>