【2/5~2/13のお知らせ】

【猫背の原因となる筋肉①】
またまた出てきました胸鎖乳突筋、これは首を斜め前下方に引く作用の強い筋肉であり、いわゆるストレートネックの原因となりやすい部分です。
首が斜め前に下がると同時に背中側の僧帽筋等が前に強く引かれ肩背中の痛みや猫背の原因となります。
両手で鎖骨を押さえながら頭を斜め後ろ上に引くように動かすことで姿勢改善や首周りのストレッチになります。
また同時に斜め後ろを向きながら首の前を伸ばすのも効果的です。
また視線も首を伸ばす方向に向けることで効果が上がります。

前回も述べましたが胸鎖骨乳突筋の下にはリンパ節や動静脈があるためこの付近の循環不良は頭痛や顔の浮腫み、首~腕の痺れなど
様々な不調の原因となりがちです、また冬の寒さで縮こまりがちな箇所ですのでこまめに刺激を与えて不調を防ぎましょう!


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>